SHIINBLOG

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

男の癒し

社畜が日々の癒しをストイックに求めていく

内的報酬なんて役に立たない

仕事のモチベーションを保つ上で、外的報酬と内的報酬というモノがあります。 外的報酬・・・給料とか評価とか出世とか、外から何かを得られること。 内的報酬・・・やりがいとか信頼とか成長とか自分から何を得る事。 要は 「給料を上げるため」「出世する…

出世も昇給も期待できないなら、仕事なんて適当でいいと思う。

ボクの会社は中小企業で一族経営。出世はできず、昇給もない。 年間休日数50日で、残業代はちょっとしか出ない。 一年くらい一生懸命、真面目に働いてきたけど、身体が疲れるばかりで何も得られるものがない。 結果を出しても何もなく、加湿器の水が切れてる…

労働条件が悪い会社は将来つぶれます。

最近転職を考えて、色々転職サイトを覗いてるんですが、よく目にするのが「残業少なめ」という文言。 近頃の労働時間問題に乗っかって、こんなアピールをしているようです。 でもどこ見ても「残業ゼロ」はありません。 あれだけ問題になって長時間労働で人も…

なぜか若者だけに適用される自己責任論

「アンタに責任がある。会社は悪くない」 社会にはこのような“自己責任論”が蔓延しています。 厳しい会社、上司、過酷なノルマ、体調を壊してしまうような労働環境。 それらに苦しみ、自殺、鬱、退職に陥る若者が多いです。 日本特有の過酷な労働環境の被害…

週40時間労働が「普通」です。それ以上働くのが「異常」なんですよ!

ボクは大体7時までには家に帰ります。 それを他人に言うと 「めっちゃ楽やん!俺なんか毎日10時くらい」 とか言いやがります。 辛そうな顔を作り、でもどこか満足げ。 心の底では「コイツより働いている俺は偉い」とか思ってやがるんでしょう。 残業しまくっ…

「結果が問われない」「ノルマがない」の思わぬデメリット

営業という仕事で一番キツイのが「ノルマ」というやつで、達成できなければ叱責されますし、給料も増えません。 皆このノルマに悩み、苦しんでいます。 営業に過酷なイメージを持たれがちなのもこのノルマのせいです。 しかし、たまに「ノルマなし」という会…

上司にペコペコは実はすごく格好いい行為。

「自分の道を生きる」「上司や社長に意見する」 こんなカッコいい社会人を目指していました。 そんな人を目指す一方、 上司にペコペコ頭を下げてゴマすりをして、機嫌を取る。 こんな社会人だけにはなりたくない、と思って今まで生きてきました。 でも最近そ…

いつまで辞めた人のせいにしていたら、会社つぶれますよ。

会社を辞める時、原因は会社にも本人にもあると思いますが、社会はすべて本人のせいにしようとします。 「あなたが甘いんだから、しっかり反省しなさい」 会社がどうあれ、すべて辞めた本人の責任。すべて「甘い」で片づけられます。 でもそろそろ会社の非も…

3コール以内に電話に出ないといけないルールは無駄。

社会人のマナーの一つ。 「3コール以内に電話を取る」 お客様至上主義から生まれたルールです。 でもこのルールにより大変迷惑をこうむっている人がいます。 それは営業マン。 営業マンは本来外に出て仕事をする人です。 社内でガサガサするのは本業ではあり…

「お世話になっております」がとっても嫌い

ビジネスシーンでよく聞かれるこの言葉。 「お世話になります」「お世話になっております」 ビジネスの世界では挨拶のごとく使われています。 社会人と言えば、「お世話になります」。 これが使えない人は社会人失格と言って間違いないですが、ボクはほとん…

先の想像をやめてみる

ボクの職場の営業は基本的にアポなし営業。 急に行って急に営業です。めっちゃ迷惑です。 でも仕方ありません。御用聞き営業みたいなもんなのでアポなんて取ろうと思っても取れない。 電話なんかしようものなら「なにかありませんか?」「ないです。そして来…

「電車が遅れたのが悪いんじゃなくて、遅れた電車に乗ったオマエが悪い」

電車ってたまに遅れます。人がしていることなので、仕方ないです。 台風とか大雪とかならまだわかりますが、この前遅れた理由が「霜が降りているため」。 そりゃ霜くらい降りるでしょうよ。冬なんだから。 文句を言ってみたところで仕方がありませんので、こ…

空白の期間の何がいけないの?

転職の際、あるといけないものが「空白の期間」です。 前職を退職してから、働いていない期間があると面接で突っ込まれます。しかも大概批判されがち。 「この一か月は何をしていたんですか?」 別に遊んでたって、ゆっくりしてたっていいと思うんですが、な…

過労は長時間勤務だけじゃない!定時帰りだけど週6勤務も辛いよ!

朝日新聞の1月13日に朝刊にこんな記事がありました。 “過労=残業なのか”という記事で飛行機の整備士でくも膜下出血でなくなった人の話です。 残業は月10時間未満だけど、12時間労働の夜勤、移動が重なって体調を崩したというのです。 勤務時間自体はそんな…

「自己分析」なんていらない

就職活動に必要だと言われているのが「自己分析」。 大層な名前がついていますが、結局は「何がしたいか」という自分への深堀り。 この自己分析をしっかりして、自分のやりたいことを探し、職探しをする。これが日本の就活のやり方です。 しかし、この自己分…

高橋まつりさんの母の手記。全員が読まないといけない

電通で自殺した高橋まつりさんの母の手記が公開されました。 娘を失った辛さと同じように仕事での犠牲者を出さないようにとメッセージを残してくれました。 これが手記が発表されたからには、もう社員を消耗させるような働き方は許しません。 これ読んでまだ…

忘年会の途中で帰ってみる

会社の忘年会。若手をとにかく苦しませる地獄のような行事です。 ジェネレーションギャップにより会話は全く盛り上がらず、無理に皆の前で歌わされ、人によってはPPAPをさせられる。それ見て笑ってる会社の重役共。 何がおもろいねん。これ。 大人しい人、騒…

週一休み会社はやっぱりあかん

今日朝起きたらM-1の優勝者が知らん間に決まってました。 皆がM-1見ている時にボクは働いてました。 土日出勤、平日一日休み。こんな会社で働いてると世間からの置いてきぼり感がすごいです。 「別に仕事終わってから見ればいいじゃねえか」と思うでしょう…

「定時退社は甘え」。いいえ、甘えているのは経営者です。

就職活動をしていた頃、就職のセミナーに参加したことがあります。 そこで何社か紹介してもらったのです。 会社の理念やら営業スタイルやら取扱い商品などを紙で説明がされていました。 その中で一日の営業スケジュールがありました。 大体の会社が朝から営…

優秀な人達ばかりがいる大企業が長時間労働なのは何故?

電通の社員が自殺したことで長時間労働が社会問題になっています。 新聞にはその話題が載らない日はありません。 ボクはずっと疑問に感じていたことがあります。 「高学歴で優秀な人ばかりの企業がなんで長時間労働するんだろう?」ということです。 高学歴…

就業時間ギリギリに出社してみる

社会人というのは時間に余裕を持たせて行動しなければいけません。 時間を守れない奴はもってのほかで、ギリギリもやっぱりよくありません。 出社も早ければ早いほど良いです。たとえ別にやることがなくても。 早めに出社してこそ立派な社会人と言えるでしょ…

求人情報を見てみる

土日の朝刊によく入っている求人情報。駅にあるフリーペーパー。 今正社員として働いている人、非正規でも満足して働いている人はあまり見ることがないと思いますが、一度手に取って見てみましょう。 アベノミクスの影響か高齢化社会による人手不足の影響か…

会社の近くに住んでみる

会社の近くに引っ越してから約半年。今までは電車で1時間くらいかけて通勤していたのですが、今は自転車で15分です。 通勤時間が短くなってとっても楽になった半面、思わぬデメリットも出てきましたので、今回はそのお話。

仕事に「楽」を求めてみる

「仕事に楽しさを求めてはいけない」 と前に書きました。「じゃあただただ苦しんで仕事をすればいいの?」となりますが、そうではありません。 代わりに「楽」を求めてみましょう。 ズバリ言ってサボったり、手を抜いたりすることです。

仕事に楽しさを求めない

「楽しんで仕事をしましょう」。 大分前にアルバイトとして働いていたスーパーでこんなことがあちこちに書かれていました。「できるワケねえだろバカ」「値引きのシール貼ったり、ポップ作るのが何が楽しいんだバカ」と思いながら作業をしていました。何年か…

昼寝をしてみる

昼寝の習慣を取り入れてから、かれこれ10年くらいになります。もう昼寝をしない生活は考えられません。 派遣社員時代、色々な職場を見てきました。しかし、昼寝をしている人はほとんどいません。 「昼寝は健康に良い」と盛んに言われている中、これはどうい…

仕事を急に休んでみる

過労死、自殺、ストレスによる病気。仕事で多くの人が命を失っています。 労働はお金を稼ぐために必要なこと。生きていくために必要なことです。 でも生きていくための行動で命を失っていては元も子もありません。 無理をせず、職場の雰囲気に負けず、休むと…

仕事中に音楽を聴いてみる

ボクは音楽が好きで、仕事以外の時は常に何かを聴いています。 集中力が増し、リラックスできて、何事も捗ります。 だから仕事中であっても聴かない理由はありません。仕事が捗るのだから、全く問題ないはず。 ということで、ウォークマンで音楽を聴きながら…

週休一日の会社で働いてみる

ボクは週休一日の会社で働いています。 ほとんどの会社が週休二日の中、このような週休一日の会社で働くのはどんな感じなのか、どうなるかを話します。 結論から言うと「めっちゃしんどい」ので従業員にまともな休息を取らせないクソ会社に就職する人がいな…

上司、先輩に仕事をさせてみる

日本社会というのはとにかく若手が苦しむ社会です。 上司、先輩には気を遣い、仕事も率先してしなければいけません。 もちろん雑用なんて絶対に若手の仕事。 上司、先輩と言っても別段偉いワケではありません。自分より生まれて、長く働いているだけです。バ…

無愛想な挨拶から始まる職場での自分探し

自己啓発などでは「頑張らなくてもいい」「評価なんて気にするな」「あなたらしく」「周りに気を使うな」「嫌われる勇気を持とう」など勝手なことをいいますが、頭ではわかっていても気持ちの切り替えなんて簡単にはできません。 その気持ちを得たいけど、具…