SHIINBLOG

男の癒し

社畜が日々の癒しをストイックに求めていく

クリスマス写真集

日本のクリスマスはなんとなく違和感がしませんか? クリスマス商戦で一儲けしようという企業がチラつくのでしょうか、なんか温かみがないんです。 イルミネーション見ていてもホッとしない。 そもそも日本のクリスマスというのはカップル向けで、どうもロマ…

自分に自信がない人は日雇いに参加して自信を取り戻そう

日雇い派遣というのは社会底辺です。というのも、バイトにすら受からない人が沢山いるからです。生活保護一歩手前の最後の受け皿です。 なのでどうしようもない人が沢山います。 “ダメな自分”より数倍ダメな人ばかりです。 こういう人を見ていると「あっオレ…

正社員ではうだつが上がらない人も日雇い派遣の場へ行けば一目置かれる

正社員は厳しい世界です。頑張っても頑張っても結果が伴わなければ評価されません。 そんな厳しい世界で毎日怒られながら、「もうオレなんてダメだ…」と思いながら仕事をしている人もかなり沢山いるかと思います。 正社員の世界ではダメダメで人間として扱っ…

日雇い派遣を体験すると今の仕事が楽に感じる

「癒しの~」とか言ってますが、日雇い派遣の仕事は正直キツいです。 誰もやりたがらない仕事を日雇い派遣に押し付けてきます。流れ作業でも一番キツイ所に置かれます。 また職場によってはかなりの屈辱を味わいます。 日雇いだからと言ってかなり下に見られ…

「出会いがない…」と困っている人は日雇い派遣で探しましょう

日ごろから出会いがなくて困っている人。今の職場では希望が持てない人。 合コンや街コンはハードルが高い。紹介してくれる友達もいない。 そういう方にピッタリの出会いの場があります。合コンほど参加しにくくないし、財布にもやさしい。ガツガツせず、自…

日雇い派遣は結構簡単に参加できる

日雇い派遣というと、集合する場所があって、そこから何人か選ばれてバスに乗って移動する。 というイメージで、汚い、オッサンだらけ、窮屈、と社会の底辺みたいな感じを持たれている人も多いと思います。 しかし、今は携帯、パソコン、スマホの普及でそん…

社会の最下層(日雇い派遣)でも楽しく暮らしている人は沢山いる

社会の最下層である、日雇い派遣。 汚い、暗い、陰湿、終わってるオッサンばっかり… と負のイメージしかない日雇い派遣ですが、今はスマホ、携帯の普及により誰でも簡単に参加することができます。 誰でも参加できるというところが良い所で、逆に最下層と言…

癒しの派遣社員

世間にはどうも「正社員にならなくちゃいけない」という空気があります。 厚生年金、ボーナス、高い給料など正社員ならではのメリットは多いです。 これらのことを得ることができる一方、デメリットも沢山出てきます。 長時間労働、重い責任、仕事が難しい、…

忘年会の途中で帰ってみる

会社の忘年会。若手をとにかく苦しませる地獄のような行事です。 ジェネレーションギャップにより会話は全く盛り上がらず、無理に皆の前で歌わされ、人によってはPPAPをさせられる。それ見て笑ってる会社の重役共。 何がおもろいねん。これ。 大人しい人、騒…

「面接では条件を質問してはいけない」一番大事なことなのになんで??

「面接で条件面(給料、勤務時間、休日)を質問したらその場でアウトだと思え」 これは面接では基本的なことのようです。 就職の研修でもハローワークの面接練習でも何回も言われました。 でもよく考えるとおかしな話です。 だって条件面って一番大事なこと…

「ウチの会社より残業が多い会社は沢山ある。甘えるな」

会社への不平、不満。 それらを口にすると、大概の上司、社長はこんなことを言います。 「ウチより働いている会社は沢山ある。甘えるな」 「残業代が出ない会社は他にも沢山ある。甘えるな」 絶対に他の企業を比較対象に持ってきて、反論してきます。 しかも…

「人の役に立つのがやりがい」が全く理解できない

「人の役に立ちたいです」「お客さんに喜んでもらうのが、やりがいです」 社会に出るとこのようなことをさも当たり前のように言う人が多いですが、ボクはこの言葉全く理解できないんです。 起業面接でも「人の役に立ちたいんです!」「沢山の人を幸せにした…

週一休み会社はやっぱりあかん

今日朝起きたらM-1の優勝者が知らん間に決まってました。 皆がM-1見ている時にボクは働いてました。 土日出勤、平日一日休み。こんな会社で働いてると世間からの置いてきぼり感がすごいです。 「別に仕事終わってから見ればいいじゃねえか」と思うでしょう…

瞑想をしてみる

瞑想をするのは健康に良いらしいです。 スティーブ・ジョブズやテニスのジョコビッチなどが瞑想を取り入れていたそうです。 効果としては「集中力が増す」「意志力が上がる」「ストレス解消」などいいことづくめ。 瞑想と言えばすごく難しいイメージがありま…

「定時退社は甘え」。いいえ、甘えているのは経営者です。

就職活動をしていた頃、就職のセミナーに参加したことがあります。 そこで何社か紹介してもらったのです。 会社の理念やら営業スタイルやら取扱い商品などを紙で説明がされていました。 その中で一日の営業スケジュールがありました。 大体の会社が朝から営…

「最近の若い奴は弱い」

以前、会社の取引先のオッサンとテレビを観ながら話をしていたんです。 そのオッサンはもう引退しましたが、運送業の社長をしていたお金持ちです。 すると電通の社員の自殺ニュースが流れました。最近長時間労働の特集をしていることが多いので、それがたま…

優秀な人達ばかりがいる大企業が長時間労働なのは何故?

電通の社員が自殺したことで長時間労働が社会問題になっています。 新聞にはその話題が載らない日はありません。 ボクはずっと疑問に感じていたことがあります。 「高学歴で優秀な人ばかりの企業がなんで長時間労働するんだろう?」ということです。 高学歴…

朝4時に起きてみる

ボクは毎日朝4時に起きています。作業や読書が捗ります。 ビジネス界の偉人(アップルのティム・クック、スターバックスのハワード・シュルツ)などは4時台に起きているみたいです。 すごい人が取り入れてるんだ、と思うと無条件に良いモノと判断しがちです…

「給料以上の経験」ってなに?

「給料が安い」「給料が上がらない」 あちこちでこんな言葉が聞こえてきます。会社の業績が上がらない、将来が不安、社長がケチ(ボクの会社はこれ)、色々な理由があると思いますが、経営者側はあまり面と向かってそういうことを言いません。 大企業はボー…

一人暮らしをしてみる

「ある程度の年齢になったら一人暮らしをしなくてはいけない」 とよく言われます。 「自分の力だけで生きていかなくてはいけない。どの動物もいずれ親元を離れる」 ということでしょうか。 動物の本能からくる考えか、世間の雰囲気か、どっちか知りませんが…

実家暮らしをしてみる

実家暮らしというのはあまり良いイメージを持たれません。 ある程度の年齢を過ぎたら家を出ていき自立するべき、なんてことがよく言われます。 ボクは面接で「18歳から一人暮らしをするべきだ」と説教されたことがあります。 そのある程度の年齢というのも曖…

「海外放浪やワーキングホリデーは遊び」

以前派遣で海外一周をしてきたという人に会いました。 バックパッカーという貧乏旅行で、大変だったけど本当に楽しかったし、いい経験ができた、と言っていました。 話を聞くと本当に面白くて、結構危ない目にもあってきたみたいです。 そんな彼は当時、就職…

就業時間ギリギリに出社してみる

社会人というのは時間に余裕を持たせて行動しなければいけません。 時間を守れない奴はもってのほかで、ギリギリもやっぱりよくありません。 出社も早ければ早いほど良いです。たとえ別にやることがなくても。 早めに出社してこそ立派な社会人と言えるでしょ…

求人情報を見てみる

土日の朝刊によく入っている求人情報。駅にあるフリーペーパー。 今正社員として働いている人、非正規でも満足して働いている人はあまり見ることがないと思いますが、一度手に取って見てみましょう。 アベノミクスの影響か高齢化社会による人手不足の影響か…

会社の近くに住んでみる

会社の近くに引っ越してから約半年。今までは電車で1時間くらいかけて通勤していたのですが、今は自転車で15分です。 通勤時間が短くなってとっても楽になった半面、思わぬデメリットも出てきましたので、今回はそのお話。

仕事に「楽」を求めてみる

「仕事に楽しさを求めてはいけない」 と前に書きました。「じゃあただただ苦しんで仕事をすればいいの?」となりますが、そうではありません。 代わりに「楽」を求めてみましょう。 ズバリ言ってサボったり、手を抜いたりすることです。

仕事に楽しさを求めない

「楽しんで仕事をしましょう」。 大分前にアルバイトとして働いていたスーパーでこんなことがあちこちに書かれていました。「できるワケねえだろバカ」「値引きのシール貼ったり、ポップ作るのが何が楽しいんだバカ」と思いながら作業をしていました。何年か…

自転車で知らない道を行ってみる

自転車に乗っている時、いつも通らない知らない道を行ってみましょう。 人間はついついいつもの慣れ親しんだ道を選びがちです。 これは自転車のルートだけに限った話ではありません。人生の道選びも同じようなことになりがち。変化を嫌い、いつもの道を通る…

通りすがりの人の人生に思いを馳せてみる

街へ出てみましょう。 そして通りすがる人を見て、「この人にもボクと同じように人生があるんだなぁ…」としみじみ思ってみましょう。 自分以外の人も自分と同じように人生を送っている。 このことをしっかり意識するのがポイントです。

テレビがない生活をしてみる

テレビはスマホの普及でもはや必需品ではなくなりました。 昔のテレビっ子も今はスマホに夢中でテレビなんてほとんど見ないのではないでしょうか。 テレビをつけていてもスマホばかりで真面目に見ない人がほとんどだと思います。 ボクは週6で働いていて、一…

昼寝をしてみる

昼寝の習慣を取り入れてから、かれこれ10年くらいになります。もう昼寝をしない生活は考えられません。 派遣社員時代、色々な職場を見てきました。しかし、昼寝をしている人はほとんどいません。 「昼寝は健康に良い」と盛んに言われている中、これはどうい…

仕事を急に休んでみる

過労死、自殺、ストレスによる病気。仕事で多くの人が命を失っています。 労働はお金を稼ぐために必要なこと。生きていくために必要なことです。 でも生きていくための行動で命を失っていては元も子もありません。 無理をせず、職場の雰囲気に負けず、休むと…

仕事中に音楽を聴いてみる

ボクは音楽が好きで、仕事以外の時は常に何かを聴いています。 集中力が増し、リラックスできて、何事も捗ります。 だから仕事中であっても聴かない理由はありません。仕事が捗るのだから、全く問題ないはず。 ということで、ウォークマンで音楽を聴きながら…

週休一日の会社で働いてみる

ボクは週休一日の会社で働いています。 ほとんどの会社が週休二日の中、このような週休一日の会社で働くのはどんな感じなのか、どうなるかを話します。 結論から言うと「めっちゃしんどい」ので従業員にまともな休息を取らせないクソ会社に就職する人がいな…

ローリングストーンズを「ストーンズ」と呼んでみる

洋楽の話になった時、なんとかローリングストーンズの話に持って行ってください。 まず誰もが知っているビートルズの話から入るといいかもしれません。 そしておもむろに「ストーンズ」と言ってみましょう。なんとなく気持ちよく、洋楽に詳しくなった気がし…

運転中に頻繁にお礼をしてみる

運転中に道を譲ってもらった時、手を上げてお礼します。 そんな中お礼をするかするべきでないか、みたいな状況が多々あります。 「ほんの少しだけ待ってもらっただけだし…」そんな時はお礼をしたり、しなかったり…。正直その時のテンション次第になっていま…

上司、先輩に仕事をさせてみる

日本社会というのはとにかく若手が苦しむ社会です。 上司、先輩には気を遣い、仕事も率先してしなければいけません。 もちろん雑用なんて絶対に若手の仕事。 上司、先輩と言っても別段偉いワケではありません。自分より生まれて、長く働いているだけです。バ…

蜘蛛の巣をずっと見つめてみる

蜘蛛の巣というのは大変やっかいなものです。 見えにくいからよく顔や頭に引っかかるし、わざわざ人がよく通るところに設置してあります。 そんな迷惑極まりない蜘蛛の巣ですが、じっくり観察してみることであることが学べます。

仕事中に皆が働いている前でボ~っとしてみる

この前仕事中にボ~っとしてみました。 仕事中にボ~っとするのは中々勇気のいることです。 皆が一生懸命忙しなく動いている中、椅子にゆったりと腰をかけ、前で軽く手を組んで一点を見つめ、ボ~っとしてみましょう。 色々な心境の変化が起こり、面白いです…

空を見上げてみる

ボーっとする暇もないくらい忙しい日常を送っている人。 ちょっと外に出て空を見上げてみましょう。 普段の姿勢の悪いデスクワークがたたって、呼吸が浅くなっていることかと思います。 しばし外に出て空を見上げて深呼吸をしてみましょう。 酸素が脳にしっ…

好きな子の名前をおもむろに叫んでみる

大声を出すとスッキリします。 「ボケーーー!!」「全員死ねーー!」とかでも良いのですが、その場ではスッキリしてもあまり健康には良くない気がします。あとに何も残らない気がするのです。 しかし、そこで好きな子の名前を呼んでみましょう。 スッキリす…

田舎の夜景

田舎の夜景が好きです。 田舎の夜景は都会の夜景に比べてかなり光の量が減り、華やかさも劣り、少し淋しい気持ちになります。「どこか夜景を見に行こうか」となった時、少しでも華やかな都市部の夜景を見に行きがち。 都会は余すところなく光が敷き詰められ…

都会の夜景

都会の夜景が好きです。 キラキラとして、とてもキレイ。奈良で有名な生駒山から望む大阪の夜景は格別です。 その明かり一つ一つにドラマがあります。 特に都会の夜景は切ないドラマが展開されているでしょう。 残業に苦しむ、会社員の悲しいドラマが。 都会…

妄想が捗る『世界の店先』

買い物が好きです。 最近は大型ショッピングモールやネットの普及ですっかり個人商店などは少なくなってきました。 オシャレで雰囲気が良く、外から見るだけで癒されるようなお店が閉店した時は悲しくなります。 入る勇気がなく、何も買わなかった自分に嫌気…

気軽にクリスマス気分を味わえる。クリスマスカード。

クリスマスとは全く縁のない職場で働いています。 周りがクリスマスムード一色でもウチの職場だけは何の飾り付けもしません。そして田舎のため周りにクリスマスイルミネーションもありません。かなり辛気臭いです。 クリスマスっぽさが全くない環境に身を置…

「社会は厳しい」。これを言うヤツはバカ。

嫌いな言葉のひとつに「社会は厳しい」というセリフがあります。 この言葉は非常に都合の良い言葉です。 このセリフはめんどくさいことから逃げるための言葉です。 これを言うヤツはバカです。 photo credit: Wisam Allami One more Step ... U will never r…

劣等感、場違い感を味わうことができる。人妻だらけの「平日ショッピングモール」

平日のショッピングモールが好きです。 土日のショッピングモールは人家族連れが多く、人口密度が高いです。 またカップルも多く、見る度不快です。よって常に不快な気持ちになります。 一方、平日のショッピングモールはガラガラで、そこかしこでお買い物を…

危機感、焦燥感を持つことができる。可愛らしい雪だるま。

そろそろ雰囲気がハロウィンからクリスマスへと変わる時期です。 クリスマスの足音が聞こえてきます。 恋人がいるなら、どういうロマンチックなクリスマスを過ごすかで今から悩まないといけません。 家族と過ごす方はクリスマスケーキを、子供へのプレゼント…

不眠症に効く読書

不眠症は辛いです。 「明日仕事なのに寝られない…」「明日遊びに行くのに…」なんて次の日に何か予定がある日はさらに眠れないし、辛いです。 ボクも長年不眠症でしたが、ある習慣を取り入れたら治りました。 というか、眼を瞑って5秒くらいで眠りに落ちます…

もはやお年寄りのサロン。静寂とはほど遠い病院

ボクの癒されない空間として病院があります。 病院が嫌いです。 好きな人もそういないと思います。 好きな人は多分ナースが見たいとかそんな理由からだと思います。 ボクもナースが見たい気持ちは人一倍ありますが、その気持ち以上に病院が嫌いです。 なぜか…