SHIINBLOG

男の癒し

社畜が日々の癒しをストイックに求めていく

スターバックスでオシャレに振る舞う。タブレットPC

スターバックスの前をよく通ります。入りません。通るだけです。

ボクみたいな芋野郎はスターバックスにはふさわしくない。そんなコンプレックスを持っているので外から羨望の眼差しで見つめるだけです。

ボクもおいしいコーヒーが飲みたい。キャラメルなんとかとかモカなんとかとかオシャレに飲みたい。

ということでタブレットPCを買いました。

f:id:kiyokiyo-1107:20161014071218j:plain

photo credit: sniggie The power of marketing via photopin (license)

 

 

スターバックスの客と言えば、「ノートパソコン」です。スタイリッシュにキーボードをカタカタとしている客をよく見かけます。

ノートパソコンさえあればボクみたいな芋野郎でもすんなりと入店できるのではないか。そこでスタイリッシュにキーボードをカタカタすればそのオシャレな店の雰囲気に溶け込むことができるのではないか。

しかしそんなヨコシマな動機だけで値段の高いノートパソコンを買うのはどうも気が引けます。2in1のタブレットPC(キーボードが装着できるタブレットマイクロソフトSurfaceが有名です)なら小さいノートパソコンみたいなものでスペックは劣るものの、カッコつけるためだけならこれで十分です。

その携帯性を利用してこの文もそのタブレットPCから書いています。

そして待望のスターバックスで書いているかと思いきや、夜の公園で書いています。

10月なので寒いです。手が冷えます。ついでにお尻も冷えます。夜なので真っ暗です。怖いです。ヤンキー車が重低音を響せて通る度に背筋が凍ります。液晶に虫が集まってきます。膝に置いているので首が前に出ます。首がこります。

でもコーヒーは手元にあります。近くの自動販売機で買いました。少しだけホッとします。

 

スターバックスには今も入れません。

やっぱりボクみたいな芋野郎がスターバックスでキーボードをカタカタしていたら、余計目立って、オシャレな雰囲気に溶け込むことはできないのではないか。そんな思いからまだ入店できていません。

やはりあのオシャレな雰囲気にキーボード片手に溶け込むことができる人は普段からオシャレな人であり、芋野郎はキーボードを持ってようが、バラの花束を持っていようが関係ないということに気が付きました。

スターバックスには入れないけど、officeが入っているのでこれさえあればいつでもどこでも文章を作成できます。

officeモバイルは使いにくいと不評だそうですが、簡単な文書作成くらいなら問題なくできています。

これで思いついたら即開いて、文を打つ。

スピーディな文書作成、そして、その現場で打つことでよりリアリティが増した文章が作れると確信して、震えながらこの辺でタブレットと閉じ帰宅することにします。