SHIINBLOG

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

男の癒し

社畜が日々の癒しをストイックに求めていく

好きな子の名前をおもむろに叫んでみる

癒しの行動

大声を出すとスッキリします。

「ボケーーー!!」「全員死ねーー!」とかでも良いのですが、その場ではスッキリしてもあまり健康には良くない気がします。あとに何も残らない気がするのです。

 

しかし、そこで好きな子の名前を呼んでみましょう。

スッキリすると同時に色々な想いが頭を駆け巡ることになります。

 

f:id:kiyokiyo-1107:20161101075458j:plain

 

 

 ボクはよく営業車の中で叫びます。結構な速度で走っている時はどれだけ叫んでも外に声は漏れないので、叫びスポットとしては絶好の場所です。

 

あまりの疲労で意識が朦朧としていた時です。

いつもなら「あんな会社つぶれろ!!」的なことを叫んでいたのですが、昨日は好きな子の名前を叫んでいました。

すると、色々な感情が頭の中で動きはじめました。

 

 

  • 切なくなる

仕事中ですが、好きな子と手を振って別れたときのような切ない気分に襲われました。一瞬だけでも仕事のこと、悩み、すべてが吹き飛び、スッキリしました。

 

 

  • どーしよーもなくなる

好きな子と会えなくなって、もう一年経ちます。

めちゃくちゃ可愛い子でした。どこに住んでいるのかも知りませんし、多分もう会えない。

会えないのはわかってはいるけど、叫んだことでそのどうしようもできない想いが再燃してきました。

「もうどうしようもねえーーー!!」みたいなヤケクソな気分に襲われ、なぜか爆笑していました。仕事中で疲れ切っている時でも笑うのはいいことです。

 

 

  • 想いが強くなる

叫んだあとはその好きな子に対しての想いが強くなります。叫ぶ前、叫んだ後とは雲泥の差です。そしてさらなる未練が残ります。

 

 

  • 青春時代に戻った気がして、今すぐ営業車を下りて駆け出したくなる

もうアラサーなので青春時代なんて大昔の話ですが、あの時の温かい雰囲気に包まれました。

校庭で好きな子の名前を叫んだあの時の甘酸っぱい思い出が蘇ります。

青春時代の自分と今の自分がしっかりと繋がった気がして、頼もしくなります。

今すぐ降りて駆け出したくなります。もうあの時の脚力はありませんが。

 

 

  • 今取り組んでいることがすべてあの子につながると思える

「もう会えないし、どうしようもない。ボクには釣り合わない可愛い子だった。

でも今営業で色々な所に行って、怒られて、恥をかいて、悔しい思いをしていることはきっとあの子に繋がっている。

あの子に相応しい男に少しずつ近づいているハズだ」

ちょっと危ない考えですが、そう思えることにより、すべての事を受け入れることができ、ポジティブな気持ちになりました。

やる気が湧いてきて、疲れ切ってはいたのですが、頑張ってもう一か所営業先を回ることができました。

 

 

 

好きな子の名前を叫ぶだけでこれだけの想いが一瞬にして駆け巡りました。

青春時代の自分と一体になることができ、あの子への未練が一気に膨れ上がり、どうしようもない想いに苛まれ、切なくなり、すべてこの事があの子への道に繋がっていると思え、最終的にはやる気に満ち溢れてきます。

 

聞かれると通報される恐れがありますので、誰にも聞かれない場所で叫びましょう。