SHIINBLOG

男の癒し

社畜が日々の癒しをストイックに求めていく

週休一日の会社で働いてみる

ボクは週休一日の会社で働いています。

ほとんどの会社が週休二日の中、このような週休一日の会社で働くのはどんな感じなのか、どうなるかを話します。

結論から言うと「めっちゃしんどい」ので従業員にまともな休息を取らせないクソ会社に就職する人がいなくなるよう、想いを込めて今回は書きます。

 

f:id:kiyokiyo-1107:20161111073244j:plain

 

  • 疲れが取れない

週6で働くととっても疲れます。

その疲れは一日の休日では到底とることができません。

 

週休二日だと「今週金曜まで頑張ったら休める」となります。土、日で回復できるので、要は月曜から金曜まで体力が持てばいい。

 

しかし、週休一日だとその休日では疲れが取れないので、「今週金曜まで乗り切れば…」みたいな感じにはなりません。

「年末まで乗り切れば…」となります。ボクの会社は連休が盆と年末しかありません。やってられません。

 

 

  • 休日に思いっきり遊べない

貴重な休みですが、疲れているので遊ぶことができません。

無理して遊ぶと仕事がままなりません。

そして大概用事で終わります(部屋の掃除、洗濯、アイロン、買い物)。

これらをせず、朝から晩まで遊んでしまうと疲れが取れるどころかさらに溜まる上、用事を平日にしなければいけません。仕事終わりの掃除、洗濯、アイロンはツライです。

 

 

  • 仕事が全力でできず、やりがいが持てない

毎日仕事を全力でせず、手を抜いて、身体をいたわりながらしないと、倒れます。

全力でできない仕事にはやりがいが持てません。しんどいのでしたくてもできないのです。

 

 

  • 人より沢山働いているので成長できると思いきや、全くできない

上でも言ったように、手を抜かないと死にますので、毎日の労働が充実しません。貧乏な家のカルピスくらい薄い薄~い労働となります。

なのでおそらく週5で働いている人の方が充実してますし仕事も濃いものになります。

結果週6で働いている人は確かに労働時間は多いけど、成長度は週5の人には適いません。仕事で成長したいなら週休一日は逆効果です。

極端に言えば週4で働いて、休日は全力で遊ぶ、という人の方が一番人間として成長できるのではないでしょうか。

 

 

  • 常にイライラする

大概の人は休日になにかしらのストレス発散をしているようですが、週休一日だとそれも禄にできません。よって常にイライラします。

帰ってから一人でもうまくリラックスできる人でないと精神が崩壊します。

 

 

  • モチベーションを保つのが難しくなる

仕事を取り組むにあたってモチベーションというのはとても大事なこと。

給料を上げたい

役職を上げたい

仕事を通して成長したい

スキルを身につけたい

人脈を広げたい

など色々あります。

 

でもやはりまだまだ厳しい世の中。条件面を上げるのは中々難しい。

そこで多くの人は「休日」をモチベーションに仕事をしているのではないでしょうか。

 

休日に思いっきり遊ぶため、好きな趣味に没頭するため、家族とゆっくり過ごすため、に働いているのではないでしょうか。

 

しかし週休一日だと「休み」をモチベーションにはできません。

ボクの会社の場合は斜陽産業であり、一族経営の中小企業ですので、条件面をモチベーションにはできません。

給料も役職も絶対に上がらない。そして週休一日。

じゃあ何をモチベーションに働いているのかというと、それがわからないから苦しんでいるのです。

 

 

  • 友達と会えない

週休一日でも日曜なら会えないこともないですが、やっぱり疲れてるし、用事もしないといけないし、どうしても会う頻度は低くなってくると思います。

ちなみにボクの場合は平日が休みなのでたまに会いたくても会えません。

 

友達がほとんどいないのと、一人で過ごすのに慣れているため大丈夫ですが、「休みは友達と会いたい」「好きな人と過ごしたい」という人は週休一日は絶対やめてください。鬱になります。

 

 

  • 会社への忠誠心がなくなる

会社への忠誠心などは全くありません。

「クソ会社がアホみたいに従業員働かせやがって」としか思えないので、会社を儲けさせようとかそんな想いは生まれません。

むしろ「はやくつぶれろ」としか思えません。

 

 

  • 性格が荒んでくる

ボクは週休一日の会社に勤めるまでは常に笑顔の明るい性格でした。

誰にでも笑顔で接していました。

 

しかし、この会社に勤めて一年経ち、あの頃の笑顔は消え失せました。

あの頃自然に出てきた笑顔は今では意識して作らないといけません。ビジネス用の笑顔となってしまいました。

 

道行く人にもしょっちゅう腹を立てています。ちょっと道をふさがれたりするとすごく腹が立ちます。

以前は笑顔で「すいません~」と言っていたはずですが、今は舌打ちのみです。

世の中のことすべてがイヤになってきます。生きる希望が持てなくなります。

 

 

  • 健康について詳しくなる

毎日しんどいので少しでも疲れを和らげるため、健康には気を使うようになります。

本を読んだり、自炊して栄養満点の料理を作ったりします。というか、健康に気を配らないと最悪死にます。

週休一日の人はビジネス書なんか読んでないで、健康書を読まないといけません。

健康について勉強することは生きるために必要なことなのです。

 

 

  • 生活リズムが一定になる

一年の内310日が労働と、天皇陛下もビックリの日数を働いているので生活リズムは一定となります。別に嬉しくありません。

 

 

 

今は非正規でどこでもいいから正社員になりたい。という人。

友達みんな決まってるからどこでもいいから内定が欲しい学生の人。

就職したいのはわかりますが、「週休一日はやめとけ」「絶対やめとけ」ということを言いたいです。

 

週休一日はホントによくないです。これは断言できます。

 

これほどデメリットばかりなのに、週6で従業員を働かせる経営者って何考えてるんでしょうか。とんでもなくバカなのでしょう。

 

これから人手不足の時代に入りますし、週休2日の会社は山ほどあります。週休一日のバカな会社はやめておきましょう。従業員を大事にしない会社は優秀な人がやめていって、残っているのはできない社員ばかり。就職したとしてもすぐにつぶれます。