SHIINBLOG

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

男の癒し

社畜が日々の癒しをストイックに求めていく

就業時間ギリギリに出社してみる

癒しの仕事

社会人というのは時間に余裕を持たせて行動しなければいけません。

 

時間を守れない奴はもってのほかで、ギリギリもやっぱりよくありません。

出社も早ければ早いほど良いです。たとえ別にやることがなくても。

早めに出社してこそ立派な社会人と言えるでしょう。

 

しかし自分の心の声を聴いてみると「少しでも家にいたい」と言っています。

なのでギリギリに出社することにしました。

以前は30分前に来て、せかせかと掃除をしていましたが、ギリギリに出社して掃除も適当にしてみました。

 

f:id:kiyokiyo-1107:20161123072434j:plain

 

  • 家にいる時間が少しだけ長くなる

当然ですが、家に長い事いることができます。

電車通勤の人はその辺で適当に時間を潰しましょう。本でも読んで少しでも自分の時間を確保します。

週5日毎日8時間以上(ボクの場合は週6日)とほとんど会社にいるのですから、少々自分の時間をとっても悪いことではありません。

30分早く仕事しようが、しまいが絶対変わりありません。むしろちょっとでも勤務時間が短い方が効率が上がります。

 

塵も積もれば山となるで毎日5分10分だけでも自分の時間を取れば、年間にするとすごい時間になります。自分の人生を少しでも仕事から取り戻しましょう。

 

 

  • ちょっと気持ちいい

ギリギリに出社すると社会のルールに背いた形になります。

 

罪悪感が残るかと思いきや、これが中々気持ちいい。社会のルールというのはよく考えると「必要ないんじゃないの?」というものばかり。早めに出社することもその中の一つで、いつ出勤しようが別に本人の勝手です。

 

会社側が社員に早く出社してほしいなら、勤務時間を早く設定すればいいだけで、時間外であるにも関わらず「早く来い」はよく考えるとおかしなこと。

そんなもんに従う必要はありません。

こういう意味のないルールを破っていかないことには自由は得られません。

 

ギリギリ出社をすることで少しだけ自由に近づいた実感が持てます。そして今まで自分の時間を無駄にしていたということに気づくはずです。

 

 

  • 会社への忠誠心が少し薄れる

仕事をすればするほど、会社に長くいればいるほど、忠誠心は高まります。周りを見てみると早めに出社している人ほど、会社への忠誠心が高い人です。

 

しかし、それはよくないことです。自分をしっかり持って、意見が言える人はいいですが、ほとんどの人は会社に染まってしまい、自分を殺すことにもつながりかねません。

 

ギリギリ出社は「自分は会社に染まっていない」という確固たる証拠となります。

少しでも会社にそっぽを向かないと自分というものが持てなくなるような気がします。

 

ギリギリ出社は会社への、社会への、小さな抵抗の一つです。ただただ自分の時間を確保するためのものではありません。得られるものは大きいはずです。

 

 

  • 周りの反応が気になる

そもそも何で早く出社しないといけないのでしょうか。「就業時間までに仕事ができる準備を整える」のが目的なら、準備が5分で済む人なら5分前出社でも問題ないです。

だから「自分は正しいことをしている」と自分に言い聞かせることです。強い意志を持つことです。じゃないとギリギリ出社は中々できません。

 

そして最初は上司や先輩のちょっとした行動にいちいちビクビクすることになります。

「あいさつの声にちょっと愛想がなかったな…」

「タイムカード押すとき先輩がこっちを見ていた気がする」

でもそれは大概気のせいです。心配することはありません。

 

 ボクの職場は店舗なので、営業時間までにきれいに掃除をするのがルールとなっています。

でも掃除してほしいのなら、開店15分前くらいを就業時間にすればいいのです。

9時開店、9時勤務開始なので、早く出社して掃除してもサービス労働です。

自分の時間を無駄にしてまで店を綺麗にしたくありません。自分の部屋すらキレイにできてないのに何故ボランティアで店を綺麗にしなくてはいけないのか、わけがわかりません。

よって開店までに綺麗になっていないのならそれは会社側の責任で、ボクは全く悪くありません。

 

「開店までに綺麗にする」というルールを強いている店舗も多そうですが、別に開店後に掃除してもいいですよ。とボクは言いたい。

買い物途中にモップをかけている店員がいても、何とも思いません。

 

「就業時間開始までに綺麗に掃除しなくてはいけない」

まだお客さんが来る店舗ではわかるような気がしますが、オフィスでもこのルールありますね。これは意味がわかりません。無駄です。バカです。

「掃除をするとどうのこうので、心がきれいになるとかならないとか、脳が活性化するとか」

こんな話があります。しかし、こういうのは自分の意志でやるから意味があります。

会社での掃除は

「時間外に会社の命令で掃除させられている」

というストレスが大きく、心がきれいになるどころか、腹が立ち心が荒んできます。

オフィスは綺麗になりますが、社員の心を汚しているということに気が付かない経営者が多すぎます。

 

 

「早めに出社しなくちゃいけない」というものは沢山ある社会人の無駄なルールの一つです。

サービス残業パワハラ長時間労働

以前は当たり前であったこれらのことも今見直されてきています。

早めに出社もそのひとつ。見直すべきです。

社会のルールに背くということは勇気がいることです。

大変ですが、後の世代のためにもあなたからルールに背いていきましょう。