SHIINBLOG

男の癒し

社畜が日々の癒しをストイックに求めていく

「定時退社は甘え」。いいえ、甘えているのは経営者です。

就職活動をしていた頃、就職のセミナーに参加したことがあります。

そこで何社か紹介してもらったのです。

 

会社の理念やら営業スタイルやら取扱い商品などを紙で説明がされていました。

その中で一日の営業スケジュールがありました。

大体の会社が朝から営業に出るのですが、問題は帰社時間です。

 

ほとんどの会社が5時定時なのに関わらず、5時帰社となっていました。

 

ちょっと何言ってるのかわからなかったのです。

 

f:id:kiyokiyo-1107:20161203192511j:plain

 

定時に帰らす気ゼロ。残業ありきの仕事。

 

定時って仕事を終え、帰る時間じゃなかったでしたっけ?家に帰る時間ですよね。

会社に帰る時間じゃないですよね。ボクが間違ってるんでしょうか?

 

残業ってどうしても仕事が終わらない場合、仕方なくするものじゃないんですか?

 

営業は外回りだけが仕事ではありません。事務作業もしないといけません。

見積書(事務の人がすればいいのに)、提案書とか、会議の資料とか、パソコンに向かってする仕事も結構あるはずです。

 

だからその事務作業の時間も加味して、早めに帰社しないと当然5時を過ぎます。

 

完全に残業ありきの業務になってしまっています。

 

その会社説明には平均退社時間も書かれていたのですが、ほとんどが8時9時。

アホかと思いましたが、そもそも「平均退社時間」なんて言葉が存在するのがおかしい。

 

定時に帰るのが普通の会社ならそんな言葉使いません。

皆5時に帰ってるのに「平均退社時間5時」とか書かないでしょう。

 

たまに「平均退社時間7時」とか言う会社もありましたが、そのことがその会社の最大の売りとなっていました。

自慢するのが商品価値とか、働き甲斐とか、人間関係とかではなく「平均退社時間」です。しかも定時を2時間も過ぎた「7時」です。

その会社も起業してから色々と苦労があったでしょう。商品開発にも力を注いだことでしょう。なのに自慢することが「平均退社時間」て。アホすぎて笑えます。

「ウチの会社は何もありません」と言っているのと同じ。

 

当然、働く気はなかったのですが、他の人は何の疑問も持っていない様子でした。

 

 

定時で帰る=甘え??

 

8時、9時まで働いているとしんどいし、何より自分の好きなことができません。

本もまともに読めません。必要以上に働くのは時間の無駄だと思っています。

 

だからボクは就職エージェントに「あんまり長い時間働きたくないんですけど……」と希望を出していました。

要は「定時に帰りたい」ということを言ったわけです。

 

他の皆は「やりがい」とかそんなことばかり気にしていましたが、本当は労働時間が一番気になっていたはず。

だからボクは正直に自分の希望を言ったのです。

 

すると帰ってきた言葉は「甘えるな。そんな気持ちなら働かない方がいい。今まで通りパートでもしとけ。他の皆や企業の人に迷惑だ」と言われました。

 

別に「働きたくない」「サボりたい」とか言っているわけではないです。

「一生懸命働く」とその意志をしっかり伝えましたし、その姿勢も態度で見せていたつもりです。

 

「定時で帰りたい」これを言っただけでこの言われよう。悲しくなりました。

 

どうやら「定時で帰る=甘え」らしいのです。

全く理解できないし、納得できない。

 

 

残業ありきの会社の社長こそが一番の甘えん坊。

 

会社の業績を上げようと思ったら何を考えるかと言うと、

  • 売れる商品
  • 営業力
  • 提案力
  • 会社の人間関係
  • 働きやすさ

とか色々考えることはあります。

すぐには解決できない問題ですし、結果につながるかわかりません。

そして何より考えるのは「しんどい」。

 

でも唯一考えなくてもバカでも簡単にできる作戦があります。

それは「社員を長い事働かせる」です。

 

会社をよくするため、まずバカな経営者が思いつくことがこれです。

誰でも思いつくようなことです。

長時間労働をさせている経営者は、考える力がなく、というか考える気もなく、とりあえず皆がやってるし、長時間労働させておこうということです。

 

これは完全に経営者が社員に甘えてます。甘え過ぎです。

 

それなのに定時に帰りたがる社員を「甘え」呼ばわりします。

自分たちの思慮の浅さを棚に上げて、社員を徹底的に「甘え」だと非難します。

そこで出てくる言葉が「自分たちはもっと働いた」「最近の若い奴は弱い」という言葉でしょう。

 

効率が悪く能力的に残業しないといけない人は確かにいます。

でも5時定時、5時帰社は間違いなく経営者の能力不足です。

いくら優秀で仕事を効率的に終わらせる能力がある人でもこれだと確実に毎日の残業決定です。

 

ましてや「平均退社時間7時!!」をウリにしている会社の社長なんて甘えてるどころか相当なバカです。

 

皆さんこんな会社には間違っても就職しないようにしましょう。

 

従業員を長時間働かせて、「甘い、甘い」言うてる経営者の方。

 

アナタこそが一番の甘えん坊です。従業員に甘えるのもほどほどにしましょうね。