SHIINBLOG

男の癒し

社畜が日々の癒しをストイックに求めていく

日雇い派遣は結構簡単に参加できる

日雇い派遣というと、集合する場所があって、そこから何人か選ばれてバスに乗って移動する。

というイメージで、汚い、オッサンだらけ、窮屈、と社会の底辺みたいな感じを持たれている人も多いと思います。

 

しかし、今は携帯、パソコン、スマホの普及でそんな汚いバスに乗ることもなく(職場によっては乗ります)スマートに参加することができます。ほとんどが現地集合です。

 

若い学生、フリーター、会社員も多く、皆が持っている廃れた雰囲気はありません。

明るい雰囲気(職場による)、スマホで簡単に仕事探し、ということで日雇い派遣への参加はかなりハードルが低くなっています。

 

 

登録は簡単

 

まず派遣会社に登録します。ボクはフルキャストに登録しました。

フルキャストは紹介してくれる仕事が多く、キャストポータルというサイトでネット上のみで仕事が決まるのですごく楽です。

 

支部へ行き、説明を聞いて簡単な紙に必要事項を記入してそれで終了です。

わざわざ証明社員を撮る必要もありません。スマホで簡単に顔社員を撮ってそれを送ればOK。登録はかなり簡単です。

少しでも簡素化して登録者を増やそうという魂胆でしょう。

 

 

日雇い派遣もサイト上で探す

 

キャストポータルに入って、仕事を探します。

気に入った仕事があればチェックをつけ(希望するものなら何点でもつけれます)、送信。

決まれば職場の住所、電話番号、持ち物、仕事の内容、現地での集合場所などを書いたメールを送信してくれます。それに従い、集合場所に行けばOK。

他の派遣社員との出会いが待っています。

 

 

小さい派遣会社の場合

 

地方にしかない小さい派遣会社も沢山存在します。

フルキャストは全国展開で登録数も多い派遣会社なので、キャストポータルのような便利なサイトがあります。

 

しかし、地方の小さい派遣会社はそんなものはありません。

登録するのは一緒ですが、フルキャストのように簡単ではなく証明写真も必要になる場合が多いです。希望も細かく質問されます。

 

その希望にあった仕事をメールで送ってきてくれます。

日雇い希望なら毎日結構な回数でメールがあります。気に入ったものがあればメール、または電話で参加の意思を伝えます。

フルキャストに比べてかなりメンドクサイです。

 

 

地方の派遣会社の方が時給が高い場合が多い

 

フルキャストと地方の派遣会社(ボクの場合はナラーズという奈良に特化した派遣会社)が同じ職場になることもあります。

その時、大概フルキャストの時給の方が安いです。

同じ作業をしているのに、登録している派遣会社の違いで時給が違ってくるのです。その辺の事情をわかっていないオッサンがたまに怒りだしたりします。

 

そういう時は一度派遣会社に言ってみるといいでしょう。「同じ作業をしているのに時給があまりに違うのはよくないですね…」と時給が上がることもありました。