SHIINBLOG

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

男の癒し

社畜が日々の癒しをストイックに求めていく

「あなたが悪い」を考える

「会社は悪くない。あなたが悪い」という言葉。

多くの人はあまり何も考えずに言ってる言葉ですが、今回はこの「あなたが悪い」という言葉の意味について考えたいと思います。

 

 

我慢しなかった自分が悪い

 

多くの人はこの意味で言ってるのだと思います。

この場合は「そんな会社は他にも沢山ある」とか「社会は厳しい」とか「オレの若いころは…」というセリフがセットでついてきます。

 

本人の気持ちを考えず、とりあえずどこかにあるであろう他のブラック企業だったり、昔の条件の違う労働環境と比べます。

 

こういう人達は連日報道されている「我慢して鬱になって自殺」というニュースを知らないのでしょうか。

「鬱から逃げる」ことは立派なことだと思います。

「やめたらよかったのに」とよく言われますが、鬱になってしまうと考えることもできず、前の電通の例のように辞める前に自殺してしまうということも起こります。

 

「我慢」が美徳とされている日本ですが、そろそろこの「我慢」も見直さないといけない時期に来ているじゃないでしょうか。

一概に早期退職者を「根性がない」「我慢が足りない」と言って切り捨てるのはやめにしてほしいです。

こういう風潮がさらに日本の労働環境を悪くします。

 

 

会社に立ち向わなかった自分が悪い

 

「労働環境が悪いなら、なんで会社に言わなかったんだ」という意味で言ってくる人もいます。

 

でも会社に立ち向うというのはかなり勇気のいることです。

評価、周りからの目線、叱責、色々な要素に影響を及ぼします。

しかも一人の社員のいう事に会社が「はいはい」聞くと思えません。

リスクが高すぎます。。

そもそも「会社に言えばよかったのに」と言ってる人のほとんどがそんなことできません。

 

労働基準局や弁護士など、外の力に頼るのもひとつの方法ですが、手間です。

成功したとしてもその会社には居づらくなるでしょう。

 

しかもよく考えるとこんな手間なことするんなら、スパッと辞めてしまって次を探した方がよさそうです。

 

「スパッと辞めて次を探す」という自分にとって最善の選択をした後待っているのは「あなたが悪い」という一方的な非難と次の仕事探しの困難さです。

 

 

そもそもその職場を選んだ自分が悪い

 

「その会社がかなりブラックだったとしても、結局その職場を選んだあなたが悪い」

これ言われるとぐうの音も出ません。就職の研修でも言われました。

そりゃそうだけど、それ言うとおしまいで議論が終わってしまいます。

 

でも敢えて反論すると、働くまでブラックかどうかなんてわからないです。

面接でも面談でも求人情報でも企業は平気でウソをつきます。

日本社会がそれを全く罰しないため、ほとんどの企業がなんらかのウソをついています。

ハローワークの求人情報なんてひどいもんで、勤務地から違ったりします。やりたい放題。

 

仮に企業自体かなりのホワイトだったとしても、直属の上司がブラック上司なら、企業がどうあれすごくブラック環境になります。

「労働」に置いて上司の存在というのはかなり大きいですが、この上司の性格まで面接や面談、会社見学ではわかりません。

 

入社するまでわからない。

これは当たり前のこととして認識されていますが、なぜか「会社がどうあれ、結局その職場を選んだあなたが悪い」となります。

本当は「会社がどうあれ」の部分が問題なのですが。

 

 

早期退職後の次の企業面接でも「自分が悪い」と言う必要がある

 

次の会社の面接で、前職を辞めた理由で「会社が悪かったんです」というのはタブーとされています。

 

前の会社が超ブラックで、毎日の叱責、暴力、寝る時間が碌に取れない長時間労働で健康を損なう、というどうしようもない状況だったとしても、次の企業の面接では「会社が悪い」と言ってはいけないのです。

 

なんとか無理して「自分が悪い」という方向に持っていかないといけません。

 

「会社の労働条件が悪かったのもありますが、なにより甘かった自分が悪いのです。この点を反省して貴社の業務に活かしたいと思います」

 

このようなことを言わないと評価してくれません。

 

かなりの屈辱ですし、なによりこんなアホなことで評価される日本社会にガッカリします。

 

「あなたが悪い」「自分が悪い」。

理不尽で屈辱的です。でも謙虚さ、厳しさを大事にする日本社会を生き残っていくためには必要な考えかもしれません。

 

「会社が悪いんです」というと「人のせいにするな!」というセリフが帰ってくる場合が多いです。

謙虚さ、厳しさ、責任感を大事にする風潮に飲まれて、皆何も考えずに批判してきます。あなた達の思慮の浅さが一番の問題だと思うんですが。

 

逆に言うと、「自分が悪い」と嘘でもその姿勢だけは持っておくと、このようなバカなオッサン共は評価してくれます。

屈辱的ですが、社会をうまく乗り切っていくには必要な考えなのかもしれません。