SHIINBLOG

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

男の癒し

社畜が日々の癒しをストイックに求めていく

一人カラオケに行ってみた

「行動が大事」ということに30目前になって気づいたボク。

 

新しいこと、初めて行く場所、食べたことのないモノ、とにかく体験したことのないことが怖くて仕方のないボクです。

 

なのでいっちょ「新しいこと」に慣れるためにも、常日ごろからしてみたいと思っていることにチャレンジしてみました。

 

今回は「一人カラオケ」です。

 

f:id:kiyokiyo-1107:20170120070620j:plain

photo credit: kentonlrussell Star | Nikon 28-80mm + Nikon d3100 via photopin (license)

 

行けなかった理由は「周りの目が怖い」

 

皆盛り上がっている中、一人でカウンターで手続き。

 

「あいつ、一人でカラオケ来てるよ」

「うわー可哀想」

 

なんて声が飛んでくるんじゃないかと。それが怖くて…

 

ボクって周りから「我が道をゆく」的な、ちょっと変わった人物だと思われています。

でもこんなちっちゃな事を気にするあたり、別にそうでもないな、と。

 

「我が道をゆく」人は周りの目なんて全く気にしませんから。

電車の中で初音ミクのマスコット何十個もぶら下げてノリノリで歌っている人のことを「我が道をゆく」キャラと言うんです。

あんなこと、絶対できない。ある意味尊敬します。

 

実際行ってみたら、誰もいない。

まあ平日の夜ということもあるんですが。「周りの目の心配」というのは今回しなくてよかったみたいです。

 

 

一人なのに恥ずかしい

 

完全に一人。誰も見てない。誰も自分の歌声なんて聴かない。でも1曲目はすごく恥ずかしい。

 

一人で歌ってるという状況にまだ慣れないのでしょう。

カラオケとは2人以上で来るもの、という認識が頭にこびりついているためと思われます。

 

でも「一人カラオケ」ってよく聞きますし、結構行ってる人も多い。

だから一人で歌うことは当たり前のことになりつつあるから…なんたらかんたら考えながら歌っていたら次第に慣れてきて、こう手の動きなんかも入れたりして、完全に自分の世界に入っていました。

 

 

最初の恥ずかしさは店に入る時も含めて、ある程度は仕方ないと思います。

でもすぐ慣れます。

 

 

何でも歌える

 

誰かとのカラオケはある程度選曲に気を使わないといけません。

 

というのも知らない曲を歌われても、もうひとつ聴いている方は面白くないからです。

だから相手も知っている曲を歌わないと、と選曲から気を使わないといけない。

 

 

その点一人カラオケは楽です。何歌っても問題ありません。

 

ボクなんて洋楽が歌えるもんですから(なんてったってTOEIC925点ですから)、洋楽を歌いまくり。

 

友達と行った時は皆が知っていて、かつ、完璧に歌える洋楽しか歌えませんでした。ビートルズのイエスタデイとかレット一トビーとか.

 

でも今回は一人。オアシス、ブラー、イーグルスエルトン・ジョン

 

なにこれ、最高。初めて歌う曲ばかりだから、歌えない。でも誰も聴いてない。

間違えても問題ない。早い所ごまかしても大丈夫。「歌えてないやん!!」と突っ込みが入ることもない。だって一人だから。

 

 

相手の歌を聴く必要がない

 

正直、相手が歌っている時ってつまらなくないですか。

あまり音楽好きの友達もいないから、皆歌う曲は無難な曲ばかり。

『ロード』とか何回聴いたことか。なんでもないような事が幸せなのはもうわかりましたから。

 

皆が歌わないような、「おっこの曲か!!」と思わせるような選曲をしてくれればそれなりにテンションも上がりますが。でもボクが知らないと盛り上がらないし。

 

可愛い女の子だったら何歌っても盛り上がりますが、男は盛り上がりに欠ける分、選曲は考えてくれ。と思ってしまいます。

 

もう尾崎の「I LOVE YOU」もやめてほしい。原曲より友達が歌っているのを聴く回数の方が多いくらい皆よく歌う。

 

でも相手も気を使ってくれているんでしょう。皆が知っている曲ばかりを選曲して。

 

遊びに行ってるのに気を使うのはしんどいし、楽しくない。

 

本当の自分を出すのは「一人カラオケ」に限ります。

 

 

一時間で十分。金もかからない

 

一人なら当然、歌うのは自分だけ。一時間で二人なら30分。

3人なら20分しか自分の歌う時間がないワケで。一人なら60分丸々歌えます。

 

なので結構タップリ歌える。歌いながら次の曲探したりして、休憩もせず歌いっぱなしだと一時間でもかなり長く感じられます。

 

しかもそれで500円もしないのですから。こんな良い遊びはないです。

 

一人カラオケ」。

まだまだ抵抗のある人もいますが、一回行ってみるとなんてことないです。

 

楽しんで歌えるし、何回も行っていると歌も上手くなるでしょう。歌がうまいってだけで一目置かれます(多分)。歌のうまさは合コンとかでの武器になります(多分)。

 

気を遣わなくても良い、何でも歌える、金がかからない、ストレス解消になる、と良いことづくめ。

是非勇気を出して行ってみてください。