SHIINBLOG

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

男の癒し

社畜が日々の癒しをストイックに求めていく

目覚めを良くするコツ「朝日を浴びて起きる」。日が出てない時に起きるボク達はどうすれば良いのか!?

ボクは朝起きるのが早いです。4時半ごろ起きてます。

 

でも毎朝起きるのが辛いです。叫びながらなんとか布団から這い出ています。

 

楽に起きる方法を求めて沢山の本を読みました。

 

色々方法はあったのですが、どの本にも書いてあることは

「朝日を浴びて起きると目覚めが良い」ということでした。

カーテンを開けて寝ると朝日が入ってきて、気持ち良く起きられるとのことです。

 

……。

 

朝日、出てねえんだけど……。

 

 

夏なら日ノ出が早いのでまだいけそうですが、冬は太陽が出てくるのは6時半も回ったころ。

これ書いてるのはまさに6時半ですが、まだ外は真っ暗。いつ出てくるんだ、太陽。

 

会社に行く人は大概6時くらいには起きてるかと思います。だからほとんどの人は朝日と共に起きることができません。

 

なのにハウツー本には「朝日と共に起きろ!!」と当然のように書かれています。

 

 

朝日より早く起きなければいけない人は存在しないかのごとく無視されています。

 

 

冬に朝日と共に起きる人なんて学生くらいでしょう。

ほとんどの社会人は真っ暗な中で目を覚ますことになります。

 

 

どうすりゃいいんだ…。

 

 

そういう人のためにボクの早起きの方法を今回は紹介したいと思います。

 

大事だと思う順に書いてあります。

 

f:id:kiyokiyo-1107:20170207063901j:plain

 

早く寝る

 

これに尽きます。早く寝る。これがすべてと言っていいくらい。

 

早く寝て十分な睡眠時間を確保する。これが基本です。

超朝型人間のボクでも夜遅くまでエロ動画とか見てて、寝るのが遅くなる時もあります。

そういう時はやっぱり次の日、起きれないですもん。

 

 

早く寝て、十分な睡眠時間を確保する。これが早起きの一番良い方法です。

夜遅くまで残業してて、早く寝られないという人は引っ越すか、職を変えてください。

 

 

 

部屋を暖めておく

 

冬は部屋が寒いと布団から出ることができません。起きるのがかなり辛くなります。

 

なので起きる一時間前くらいに電源が入るようセットしておきます。起きる頃には部屋は暖かくなっています。

 

電気代がもったいないとつけない人が結構多いですが、こんな寒い中で何時間も過ごしていると風邪を引きます。そして結局病院代がかかります。

 

なにより部屋が寒いと何も捗らない。ちょっと汗かくくらい温めておいてもいいかと思います。

 

身体を暖めないと中々やる気が起きません。冬の早起きには暖房が必須です。

 

 

 

起きたらまず部屋の電気を全灯にする

 

起きてから光を浴びるのは良いそうです。

光を浴びるとセロトニン(元気が出るやつ)が出てきて、覚醒するそう。

 

まあセロトニン云々より、やっぱり部屋を明るくして、眼に光を入れると一瞬で目が覚めるような気がします。

 

だからできるだけ明るい光を出す部屋灯が良いです。できれば細かく光を調節できるもの。

夜は暗くて暖かいオレンジの光、朝は全灯。これくらいの調節ができればいいです。

 

 

 

冷たい水でうがい

 

トイレに行ったついでにうがいをします。朝は暖房による乾燥で喉がイガイガしています。

冷たい水でうがいをすると、口がすっきり。さっぱりした気分になります。

 

顔を洗うのはこの寒い季節ちょっとハードルが高い。

だから100均のコップを用意しておいて、そこで前の晩に水を入れておきます。

そうすると手間がかからずうがいをすることができます。

 

とにかく朝は何をするにも億劫。簡単にできるよう、前の晩にできるだけ用意をしておくのが良いです。

 

その後水を飲みます。寝起きの口はなんか気持ちが悪いので、水を飲んでさっぱり。

 

 

 

コーヒー飲みながら新聞読む。

 

コーヒーに入っているカフェインには覚せい作用があります。

 

それも前の晩に用意しておきます。粉を入れて、ポットにその分量の水を入れておきます。すると手間がかかりません。

 

コーヒーを飲みながら新聞を読みます。

新聞を読むことでやっと脳が目覚めた感じがします。

 

デジタルやネットニュースではネットサーフィンの誘惑が大きすぎます。

何も考えないで済むネットサーフィンをしているとまた眠たくなってきます。

 

なんの誘惑もない、しかしちょっと読むのが難しい紙の新聞が一番です。

読んでいると色々考えることも出てきて、完全に脳にスイッチが入ります。

 

 

 

以上がボクの早起きの方法です。早起きを習慣化すると成功します、とは言えません。ボクが全くしてないのですから。

 

でも朝と夜では頭の働きが全然違うのはハッキリわかります。何かを生み出したり、勉強したりするには朝の時間は貴重です。